当て逃げの時効は何年間ですか?

当て逃げ、ひき逃げをしてその場を離れるという行為は、人としてのモラルに欠けており、その場で対処していれば重大な問題にならずに済む事も考えられますが、
残念ながら事故現場で時間が経過し、亡くなられる被害者がいることも否めません。
当て逃げに関しては程度によってはその場での謝罪で済む事も多くあります。
飲酒運転に対する罰則が強化されてから、当て逃げの件数が増加してしまいました。
法律では以下のように定められています。


時効:刑事責任3年間 民事責任20年間


最低3年以内といっても、それまでに当時の車は修理、もしくは売却されているかもしれません。
某探偵事務所によると、当て逃げ犯の発見、判明は事故が起きてから1週間~10日以内。
それを超えると判明させるのは困難になり、諦めざるをえないようです。