ゼロクラウンが関係する当て逃げ事件 2
届出警察署 愛知県警刈谷警察署
発生日時 2012年11月16日 PM8:45
事故住所 愛知県刈谷市昭和町交差点
残留物 ライトの破片
事故状況
県道51号線を北東へ進行中、昭和町交差点で赤信号のため停車。信号が青に変わり、前方車両が動き出し、発進しようと思っていたところ2台後方車両が後方車両に追突し、玉突きで後方車両に追突された。その後、2台後方車両は信号を北東方向へ直進し逃げ去った。車種は、クラウンタイプの白色、ナンバーは8888であった。後方車両の方はムチ打ちと思われる症状であり、人身事故です。逃走車両は前方を破損したまま走行したところを23号線との交差点で目撃されているそうです(目撃者は白のゼロクラウンであったと証言)。残留物より、フロントライトは全損、ウォッシャー液のようなものが現場には垂れており、前方を派手に破損していると思われる。
届出警察署 姫路警察署
発生日時 2012年5月25日 PM22:00~AM7:00の間
事故住所 兵庫県姫路市十二所前町
残留物 加害車両の塗膜(ブルーとグリーンの中間色)
事故状況
当て逃げされた車両:ゼロクラウン・黒・ノーマル(H17年式) 当て逃げした車両:被害車両に付着していた加害車両の塗膜が淡いブルーメタリックのような淡いグリーンメタリック系でした。 現場に残っていたタイヤ痕と付着していた塗料からコンパクトカー、もしくは軽自動車かと思われます。 駐車していたパーキングは姫路市の歓楽街の近くで十二所線(西行き)沿いにあるホテルアベスト姫路に隣接する【タイムズ】でした。 現場検証をした警察官曰く加害車両は当方の車両に当てたあと駐車場から十二所線に出て逃走している可能性が高いので逃走経路にある防犯カメラをすべて確認すると言ってくれました。 もちろん、駐車していたパーキングにも防犯カメラの映像の開示手続もしてもらいました。 被害状況: フロントフェンダー(助手席側)に目立つこすりキズが出来ておりフェンダーがボンネットに押しこまれたのかマチが合っていません。 フロントバンパー左角に手のひら大の凹みとこすりキズがあり純正バンパーの塗装が完全に剥がれ下地がむき出しになってます。 ヘッドライト(助手席側)にこすりキズ 当方、五月初旬に車を買い替えたばかりで一カ月も経たないうちに当て逃げされました。 研磨剤で消える程度のキズなら許せるのですが、修理工場に出さなければ治らない程度まで来るとさすがに許せません。 犯人逮捕につながる情報を提供して頂けた方には報奨金として三万円をお渡ししますので、ご協力願います。